陸奥国の神秘・電話占い
menu
鑑定体験談

出逢い先生の霊視した通りの相手と出逢い、愛を育んでいます!

結婚するつもりでいた相手から、突然別れを告げられてしまいました。「他に好きな人ができた」と。彼とはもう10年近く付き合っていました。私もすでに40歳になっていたのです。別れを告げられ、絶望的な気持ちになっていました。

そんな私を見かねて、友人が「気分転換に電話してみたら?」と、電話占い尼子の燕雀霊能者のことを教えてくれたのです。“話を聞いてもらうだけでも気が楽になるかもしれない”そう思い、私は燕雀霊能者に電話をしてみました。

別れを告げられた悲しさ、将来に対する不安、すべて話したのですが、燕雀先生はとても親身になって聞いてくださったのです。それから、私に「新しい出逢いがあるか、貴女の縁を見てみましょう」と優しく語りかけてくださいました。

「いくつか良さそうな縁が繋がっています。ただ現状ではかなり弱い縁なので、強化する必要があります」そう言ってさらに鑑定を進め、私に最も良い相手を選んでくださいました。

「この方なら貴女を裏切ることはないでしょう。お相手の方は貴女より5歳年上の方。バツイチで子供はいません。趣味を通じて知り合うことになります。仕事も安定している方ですし、お互い大人ですから問題なくお付き合いできるでしょう。少しでも早く出逢えるように、この男性との縁を強めておきましょう」と言って、縁を強化し始めたのです。

燕雀先生が縁を強化している間、お腹のあたりが温かくなりました。それは鑑定が終わるまでずっと続いていたのです。縁の強化が終わると、燕雀先生は相手の外見などについて、具体的に助言をしてくださいました。

「身長は170㎝くらい。細身で右のまゆ毛の下に傷がありますので、ひと目でわかります。貴女は陶芸がお好きなようですが、彼もまた陶芸が好きなのです。近々、陶芸の展覧会がありますから、そこへ足を運んでください。彼と出逢えるでしょう」と。ここまで細かく見えるとは、本当にすごい霊能力なんだと思いました。

そして燕雀先生が言った通り、陶芸の展覧会に行くことに。そこで、ちょっとよそ見をしていたら、ある男性とぶつかってしまったのです。その時、私の鞄の中身が鞄から出てしまいました。男性はそれを一緒に拾ってくれたのです。

ふと顔をあげると、その男性の右目の下に、傷がありました。ひと目で“この人だ!”とわかったのです。お礼の意味を込めて、展覧会を見終わった後にお茶を飲みました。そこですぐに意気投合。それをきっかけに、彼と付き合うようになったのです。何もかも燕雀先生の鑑定通りになりました。

絶望していたのが嘘のように、今はとても幸せです。燕雀先生、本当にありがとうございました。

【小林亜沙美さん 40歳 自由業 愛知県名古屋市】