陸奥国の神秘・電話占い
menu
鑑定体験談

良縁5年前、不倫関係だった相手が今頃、離婚したことを知りました……

自分でも「何かをどうしたい」という気持ちがとくにないまま、ただただ昔の愚痴を聞いてもらうつもりで、かねてよりリピートしている玖野孤先生の鑑定を受けたのですが、その際にヒョウタンからコマのような成り行きとなり、期せずして今ではとてもハッピーな状況となっています。

順を追って説明しますと、まず先生を指名してお話ししたのが先月の初めでした。その数日前、ある男性の身の上について偶然、耳にしたためです。その男性というのは5年前の一時期、私が不倫関係にあった相手なのですが、それがここへ来て急に奥さんと別れたというのです。

たしかに付き合っていた当時もそれらしい台詞はしきりに言ってもらっていましたが結局、彼が実行に移すことはなく、最後は私の側からお別れの言葉を告げ、それ以降は連絡を断っていたのです。ですから離婚の話を聞いた時には寝耳に水という感じで、一体何が原因で今さら……と気になりました。

ただ、こちらから縁を切った相手と再び連絡を取るというのもバツが悪いので、その辺の事情をイタコの霊視で間接的に見てもらえないかとお願いしたわけです。するとほどなく先生の口から、ほぼ予想通りの回答が飛び出しました。

「度重なる女性関係に奥さんが切れて、とうとう愛想を尽かされたようですね。どこまでご存知かは分かりませんが、あなたと別れた後も複数の女性と関係していたみたいです。その直近の不倫相手がこの男性の家まで乗り込んで騒動を起こし、それがきっかけで奥さんの堪忍袋の緒が切れたと……」

5年前に別れてやはり正解だったと、その話を聞きながら1人で頷いていたのですが、やがて鑑定の流れが急に変わりました。いつもはこちらの質問に玖野孤先生が答えるという形で終始するのに、珍しく先生側から問い掛けてきたのです。

「ところでその話をあなたに教えてくれたのは、同年代の男の人ですよね?」「えっ、そうですが……それが何か?」「急な話で驚かれると思いますが、その男性との強いご縁を感じます。もしかしたら運命の相手かもしれないですよ」

その彼は以前、私が勤めていた会社の元同僚で、先に書いた元不倫相手の知り合いでもあった人だったのですが、それがたまたま地下鉄のホームで遭遇し、聞かせてもらった話でした。その時は(昔、私たちが不倫関係だったこと、この人はずっと知っていたんだ……)と気まずい気持ちになり、食事の誘いを断ってすぐに別れたのです。しかし「再度、連絡を取った方が良い」と再三勧められ、その言葉に従ったのが先月の末です。

そして今……先生の予言通り、当の男性は私の新たなカレシとなりました!以前、同僚だった頃には「自分には高めのオトコ」と勝手に思い込んであきらめていた素敵な人だったので、喜びもひとしおです。このまま本当に結婚できたら最高ですね!

【菅原真紀さん 30歳 会社員 東京都国立市】