陸奥国の神秘・電話占い
menu
鑑定体験談

片思い成就昔、好きだった元同級生と再会できました!

ついこの前、半年ぶりに連福先生の鑑定を受けました。前回は男の人とお付き合いしたことがない大学生の従妹に頼まれ、初デートを成功させる秘訣を彼女の代わりにお聞きしました。するとフェミニンなファッション、とくにパールピンクを基調にしたメイクが吉を呼ぶとアドバイスをされ、それを本人に伝えてあげたところ、バッチリの結果が出たそうです。現在、従妹はその彼氏とラブラブになり、今では私を代理に立てることなく、月に2回ほどのペースでご相談しているそうです。

前置きはさておき、今回はある男性の消息を知るためにご相談しました。その人は高校時代のクラスメートだったのですが、春先に開かれた同窓会には顔を見せませんでした。気になって出席者に訊ねて回ったら、「現住所も連絡先も分からない」と口をそろえて言われました。

実家が転居した上に、彼自身も大学を中退して他県へ働きに出てしまったとのことで、その時の幹事役の子も「色々と手を尽くしたけれど、居場所が全く分からなかった」と諦めていました。
じつを言うと私、高校時代にその人のことが好きだったんです。それで同窓会を境に急に気になってしまい、連福先生の霊能力で何とかならないかと淡い期待を抱きました。

「あなたがおっしゃっている男の子、けっこう背が高い人ですよね。それと近眼でいつも眼鏡を掛けていたんでしょう?当時の部活はバスケット部かサッカー部かな……。とにかく、何か球技をしていたはずですよね?」「ええ、彼、サッカー部の副主将でした。先生、相変わらず冴えてますね!」「この男の子にバレンタインチョコを渡したことがあるでしょう?その時の情景が見えているのですが、向こうもあなたに好意を持っていたみたいですね」「そうかもしれません。でも、すぐに卒業して離ればなれになっちゃって」

過去を丸ごと見透かされるような、少し気恥ずかしいやり取りの後、連福先生は気合いを入れて彼の現況を見てくれました。最初はイタコの口寄せで本人の生き霊を呼び出すかと問われたのですが、何を話せば良いのか分からなかったのでそれはパスしてもらい、オーソドックスな透視で調べてもらいました。

やがて、「ああ、見えました。この人は今、あなたと同じ県内に住んでいるようですね。自動車のショールームのような光景が強く見えるので、おそらく、そうした関係の職場で働いているはずです。場所は……」と、おおよその地域まで特定して教えてくれました。

翌週の週末にさっそく、元同級生の女の子2人と連れ立って、指摘されたエリアのディーラーやショールームを片っ端から見て回りました。すると5軒目に通りがかった自動車販売店で、ついに彼を発見!お客さんを相手に商談している姿がガラス越しに見えたのです。仕事が一段落つくのを待って本人に声を掛けると、目を丸くして口を開けていました(笑)。

やはり、連福先生は別格です。本当に並の霊能者ではありません!

【芳川遥香さん 29歳 会社員 新潟県村上市】