陸奥国の神秘・電話占い
menu
鑑定体験談

夫婦夫の魂と交信し、その想いを聞かせてくれた

結婚し、すぐに妊娠。幸せな時間を過ごしていたはずなのに、夫が不慮の事故で亡くなってしまいました。病院に駆け付けた時にはまだ意識があり、夫は私に何かを言いたそうでした。ところがそれを伝えることなく、夫は他界してしまったのです。本当なら、生まれてくる子供のことを考えもっとしっかりとしなければいけないのでしょうが、夫を失ったことがあまりにもショックで絶望的な気持ちにしかなれません。どうやって生まれてくる子供を一人で育てていけばいいのか、夫のいない生活ができるのか、何から何まで不安なのです。

そんな私を見かねて、友人が電話占い尼子の御苑龍子霊能者のことを教えてくれました。「この霊能者の先生なら、きっと力になってくれるはずだから」と。あまりにも強く勧められたので、とりあえず電話してみることにしたのです。気持ちが昂ぶってしまい「夫を亡くした」と伝えるのが精一杯だったのですが、御苑先生は私が今どういう状況なのかを霊視で読み取ってくださいました。そして「旦那さんの魂を体に降ろしますから、聞きたいこと、話したいことをそのままぶつけてください」と言って、御苑先生は夫の魂と交信をはじめたのです。

するといきなり御苑先生の話し方が変わりました。それは亡くなった夫そのものだったのです。これには驚いてしまいました。そして「苦労させてすまない」と夫の魂は話し始めたのです。私はまず、夫が最後に何を伝えたかったのかを聞いてみました。「君と子供を残していくことが申し訳なくて…。本当は子供をこの手で抱きたかった」と亡くなったことの無念さを告げられました。

それからしばらくの間、私は夫との会話を楽しんだのです。久しぶりに夫と話せたことで、とても心強かったです。「貴女の名前の一字を取って子供の名前をつける」と言ったら、夫の魂はとても喜んでくれました。最後に夫の魂から「姿は見せられないけれど、いつも近くで見守っているから」と告げられ、その言葉とともに夫の魂は御苑先生から離れて行ったのです。

夫の魂と直接話したことで、今まで抱えていた悲しみ、不安をぬぐい去ることができました。また夫が見守ってくれているというだけで、とても前向きな気持ちになれたのです。これからは生まれてくる子供のことを第一に考えて生きて行きたいと思います。ここまで気持ちを変えることができたのは、御苑先生の力で夫の魂と直接話ができたからこそ。御苑先生には本当に感謝しています。

【萩原美佐江さん 33歳 自営業 秋田県大館市】