陸奥国の神秘・電話占い
menu
鑑定体験談

出会い元夫の母親から呪われている、と言われ……

5年前に離婚し、高校2年の息子と2人で暮らしています。幸い、親から受け継いだ遺産があり、それを元手に小さな商売をしているので、贅沢さえしなければ経済的な面での不自由はありません。しかし、母子家庭のさびしさは想像以上に身にこたえ、もし息子が同意してくれれば、折を見て再婚したいという気持ちが芽生えていました。そんな矢先、経営する店のお得意様の1人から、思いもよらない話を聞かされました。

私とほぼ同年代の彼女は長年独身暮らしを続けてきた人なのですが、それがある電話占いの霊能者と出会ったのをきっかけに結婚することになったというのです。 「最初は話し相手代わりに電話占いを使っていたんだけれど、尼子という会社に電話したら凄く当たる先生に出会っちゃってね、言われる通りに行動して、本当に素敵な男と出会ったのよ!」喜色満面に語るその言葉を、にわかに信じることはできませんでした。でもその一方で、淡い期待を抱く自分も否定できなかったのです。

実際に夢伽先生の鑑定を受けたのは、それから半月ほど経った頃だったでしょうか。夏休みに入って息子が友達とキャンプに出かけ、独りだけの時間を持てあまして、試しにお電話してみようと思いつきました。「どんなことでも気軽に話してください」という言葉に甘え、しばらくは日頃降り積もった愚痴を聞いていただいたように記憶しています。やがて話の途中で唐突に、「失礼ですが、離婚の原因は嫁姑問題だったのではないですか?」と指摘されました。事実その通りでしたので「はい」とうなずくと、さらに予想もつかない言葉が飛び出したのです。

「こうしたことはお客様の要望がない限り、なるべく申し上げないようにしているのですが、あなただけではなく大切な息子さんの将来にも関わることなので、ぜひお伝えしておきたいと思います。ずばり申しますと、あなたは呪詛を受けています。呪いの念を発しているのは、以前、義理のお母様だった方です」。先生によると元主人の母親が地元の拝み屋に依頼して、私が不幸になるように祈祷しているとのこと。にわかには信じがたかったのですが、先生の人物描写が元姑本人と寸分違わぬものだったので、思わず背筋が寒くなりました。

たしかに離婚の原因は、当時同居していた元姑にありました。とにかく性格の悪い人で、結婚中はずっと嫌がらせを受けていたのです。もし本当に呪われているのなら、どうにかして欲しいとお願いしたところ、すぐに電話口で祈念してくれました。「これで一応、大丈夫だと思います。これからは、何かにつけて良いことが起きてくるはずです。あなたももう一度、女性としての幸せがつかめるでしょう」

その言葉通りに今年に入って、尊敬できる素敵な男性との出会いに恵まれました。息子も彼のことを気に入っており、今は真剣に入籍を考えています。夢伽先生、ありがとうございました。

【木村真美さん 40歳 自営業 神奈川県綾瀬市】